名古屋 愛知で看板作るならデザインワークス

集客できる野立て看板やスタンド看板を作るには?

集客できる看板を作る方法。

お店にとって看板は集客効果が期待できる広告媒体の代表です。
お店が繁盛するかしないかのポイントに「立地」もありますが看板一つで、立地が悪いお店でもリカバリーすることができます。私たちも起業するお客様や、新規出店するお客様から出店する物件の相談からお話を頂くことがありますが、「立地」が良くても看板を取り付ける場所や位置が悪い物件だと立地の良さを活かせないのでアドバイスすることがあります。
作成する「看板の種類」、看板デザインで集客は変わってきます。
今回は集客できる看板ってどんなの?と言うお話を経験を私たちの踏まえてお話しさせて頂きます。

立地が良くてもオススメしない物件とは?

国道沿い、駅前など立地が良い物件にお店を出店すれば集客できるチャンスが高いのは当然ですが、立地が良くても思うように集客できない物件があります。
それは「看板の設置場所がないor少ない」物件です。
大きな壁面看板をドーンっと取り付けるスペースがあれば大体OKですが、上の住居のベランダや建物の構造上の都合で設置場所がなかったり、小さい物件があります。国道沿い・駅前で立地が良くても集客効果は半減です。
大家さんが新しく設置するのをOKしてくれれば良いですが、壁を汚したくない・傷つけたくない等の理由で許可が降りない事は非常に多いです。
(ビルの2階、3階の物件の場合は看板に非常に困る例が多いですね。)

集客効果が期待できる看板とサイズは?

次に集客が期待できる看板の種類とサイズです。
看板と言っても種類はさまざま・・・・。
壁面看板、野立て看板、スタンド看板など。
いくつかありますが集客が期待できる看板の代表が「壁面看板」と「野立て看板」です。
理由としては大きく作成することができ、それだけアピールできるオプションが多数だからです。
しかーし!せっかく、お金をかけて作っても台無しになってしまう点があるので要注意。
それが「サイズ」です。制作するサイズを誤ると一気に集客効果は半減です。
看板の費用は「大きさ=費用上昇」なので予算も考えて最大限の効果を得られて、費用は抑えたくなるもの。
この心理が働いて私たちが「最適は3メートル以上です」と提案しても、「3メートルって大きいよね。2.5メートルでいいよ」と言うやり取りがよくあります。
そして、制作すると「意外と小さいね・・。」とつぶやかれます。
この結果が生まれるのは看板を高い所に設置するばいいです。高いと言っても自身の頭の先から1メートル上に取り付けると実際の印象はだいぶ変わります。(ここ大事ですよ!)
頭上1メートル上に設置するだけで間隔はー50センチだと思ってください。
3メートルの看板を作れば、少し離れて見ると2.5メートルになる位縮小します。

看板デザインに使う画像について

看板のサイズが決まれば、次は看板デザインです。
飲食店、接骨院など業種やコンセプトによって看板デザインはさまざま。
「こんなデザインは集客できる!」と断言できるデザインはありませんが、
デザインを作る際に注意するべきポイントがあります。
それが「画質」です。看板のような大きな物を作る時に画質は非常に重要です。
画質が低いと大きくした際にモザイクのようになります。
(ホームページやWEBで使用されている画像は画質が低いのでそのまま看板会社に渡すのはやめましょう。)

文字はできる限り少なく、そして大きくが基本

看板のサイズ・種類によって変わりますが基本的に文字は大きく、そして少なくが基本。
よく書きたいことが多くて全部記載して欲しいと要望を頂きますが、見にくくて仕方なくなる場合があります。店名、営業時間、定休日にキャッチコピーさらに・・各料理の金額・・などなど。
ドンドン増える場合が多く、結果的に「見えないのでシンプルに!」とふりだしに戻る。と言う方が非常に多い。こちら側は何度も説明しますが止まらないんですね。(笑)
歩行者、クルマに読んでもらう、見てもらう看板にするには文字が大きく、そして少な目に!です。

モバイルバージョンを終了